40年情報通信網を整備してきた歴史と実績をベースにネットワーク構築からシステムインテグレーションまで常にお客様のご要望に迅速にお応えしていきます。

>
>
10月スタッフブログ

周りの人に話したくなる『へぇへぇ』な話 


 今までとは少々思考を変えた記事を記載致します。すぐに周りの人に話したくなる、へぇへぇな話をご紹介します(-ω☆)キラリ 

 

カップヌードルのカレー味の麺だけが、他の味の麺より太い理由

 

 みんなが大好きカップヌードルですが、カレー味の麺だけが、他の味の麺より太いのはご存知でしょうか?あまり気にしたことはないですが、言われてみれば…って感じですね。その理由は…。

 

 

→カレースープの味が濃いため、その濃さを和らげているから


 他のカップヌードルの麺の幅は2mmのようです。カレー味だけは麺の幅が3mmです。

 カレーの粘り気は、麺が太いほうが絡みやすいような気がしますが、実は逆で、麺が太いほうがスープが絡みづらくなっているようです。

 カレーの味は濃く作られており、細い麺を利用すると、麺がスープの味に負けてしまうため、そこで麺に絡むスープの量を調整し、絶妙なバランスで口の中へと運ばれる計算がミリ単位でされているのです。へぇへぇ

 

   メーカーHPより抜粋   

 

ポンジュースの『ポン』の意味

 

 みなさんも一度は飲んだことがあるであろうポンジュースですが、そもそも『ポン』って何なんでしょうか。気にしなければ気になりませんが、気にすると気になりますね。その答えは…

 

→『日本一のジュース』を目指すことを目標にしていたため

 

 

 

 本社が愛媛県にある「えひめ飲料」が製造しているポンジュース。このポンジュースの名付け親は、当時の愛媛県知事であった久松 定武さんだったそうです。『日本一のジュース』を目指そうということで、日本の「ポン」を取り、ポンジュースと名付けられたようです。

 

 ちなみに発売開始された1952年当時のポンジュースは、果汁100%ではなかったようです。1969年から果汁100%となったようです。へぇへぇ

 

 

メーカーHPより抜粋

 

 昆布の出汁が海の中ではでないのはナゼ?

 

♪なんでだろう~のテツandトモも歌っていますが、コンブの出汁が海の中で出ないのはなんでだろ~?♪

 

→元気なうちは、旨味の成分が外に流れないため

 

 昆布の旨み成分であるグルタミン酸は、昆布が生きている間は外に流出しないようになっているためです。

昆布が死ぬことにより、細胞膜が壊れ、初めてグルタミン酸が外に流れ出るようになります。へぇへぇ

 

 


 

 カップ焼きそば『U.F.O.』の名前の由来

 

誰もが知っている日清食品の『日清カップ焼きそばU.F.O.』

 

容器がU.F.O.を連想させることから、その名が付いたと思う人も多いと思いますが、実は違うんです。

 

→『U』うまい 『F』太い 『O』大きい の頭文字をとったもの

 

 日清食品のHPにも記載があります。未確認飛行物体のU.F.O.とは関係なく、『うまい・太い・大きい』の頭文字をとったとのことです。

 また同会社の『日清どん兵衛』のどんは、うどんのどんという意味と、『どんくさい』の『どん』をかけた意味からあるようです。へぇへぇ

 

   メーカーHPより抜粋

 

 

人が一生にとる睡眠時間は?

 

 雑学ではなく、まさに『あっ!そっか!』って内容ですが、皆さん自分が一生で何時間くらい寝ているか計算したことがある人はいますか?

 もちろん平均睡眠時間にも、何年生きるかにもよりますが、思った以上に寝てるんだなと思ったので、みなさんと共有を…

 

→1日平均6時間の睡眠で、80歳まで生きた場合、寝てる時間は『20年』

 

 当たり前ですが、1日6時間寝たら1日の1/4を寝てる計算になります。80年の1/4は、20年なんです。

 よく考えれば分かることですが、20年と聞くとびっくりしますよね。


 ちなみに1日5時間の睡眠で、80歳まで生きた場合は、寝てる時間は、『16.66年』です。

 平均6時間寝てる人と比較すると、3年半程起きている時間が長いわけです。ここまでくると良いのか悪いのかは分かりませんが、3年あったらなにかドデカいことでもできそうですね(笑)

 

いかがでしょうか?最近は、マグマックス社内の話題が多かったのですが、思考を変えて雑学へぇへぇネタを書かせて頂きました。

 

 

 

 最後にビジネスのあらゆるシーンで活躍しそうな雑学?を・・・。 

 

カチン!ときた時。感情的になった時に自分を落ち着かせる方法…

 

 誰でも頭にきたり、怒りに満ちることってありますよね。ただし、その感情だけで暴言を吐いたり、手をあげてしまい後々後悔することもあると思います。そんな時にこの記事を思い出してください。

 

→6秒間我慢する

 

なにゆえ6秒なのかというと、怒りの感情のピークは大体6秒程度だからです。この山を乗り越えると、感情が落ち着き、激しい言動がなくなります。


数字を数える・しりとりをする・好きな芸能人を思い浮かべる


なんでもいいのですが、6秒間やり過ごすように努力してみてください。

そうすれば、適切な判断・コメントができることでしょう。後で後悔することも少なくなると思います。 

 

ソリューション営業部 山口 健治   

 

 

 

 

 

このページの先頭へ